会長紹介

第37代会長 小島 秀範

令和3年度 日本YEGスローガン

『FOR ALL YEG ~成長への貢献、地域と共に、ワクワクする未来を~』

令和3年度 今治YEGスローガン

『新たな一歩を踏み出そう この今治(まち)の未来のために』

会長基本方針

 新型コロナウイルスは世界中に影響を及ぼし、緊急事態宣言や3密の回避、新しい生活様式の実践など、これまでの日常生活を一変しました。この地域においても、経済的ダメージを受け経営悪化に苦しんでいる企業も少なくありません。しかしながら、一方で新時代に向けた改革のチャンスでもあり、我々YEGが改革の先導者として行動し、新しい活動と新しい常識を作り上げていくことが求められています。出来ない壁があるからといって、第一歩を踏み出さなければ、永遠にゴールにはたどり着けません。最初の一歩を踏み出して、壁にぶつかるまでは全力でやっていく。壁にぶつかったらなんとか乗り越える。その繰り返しです。今治YEGのスケールメリットを活かした活動で地域に貢献し、全メンバーが共に成長できる組織にしていきましょう。

〇自己研鑽と資質向上

 自企業の発展のため、地域の発展のために我々がすべきことは、まず自らが成長することです。YEG活動は地域青年経済人である我々の修練や勉強の場であることを認識し、メンバーのスキルアップに役立つ事業を開催します。

〇親睦と交流

 会員同士の親睦はYEGにとってかけがえのない活動です。この機会を活用しビジネスに繋げていくだけでなく、多くの情報収集や発信していくことにより組織力も向上していきます。会員だけでなく単会同士の交流も大切にしながら、各種大会にも参加をしていきましょう。

〇伝統と継承

 今治YEGの活動には、脈々と受け継がれてきた「タオルデザイン展」と「水軍鍋」があります。今治YEGの代名詞ともいえるこの事業を次世代に継承していくとともに、常に新しいことにチャレンジする精神も身につけましょう。

〇県大会と記念事業

 今治YEGは来年、愛媛県大会を主管します。過去の大会を振り返りつつ先輩方の功績に改めて感謝と敬意をもって準備を進めて参りましょう。記念事業に関しても、今治市に提言した「いまばりクリテリウム」の実現に向けて新たな一歩を踏み出しましょう。