会長紹介

第34代会長 宇野 一世

平成30年度 今治YEGスローガン

『Change the world, passion of YEG ~われらが未来の指標のために、今!!~

平成30年度 今治YEGスローガン/会長基本方針

『結束UNITY』同じ志を持った熱い力を集結し、地域社会の発展に貢献しよう!

会長基本方針

 今年は日本の近代化のきっかけとなった明治維新から150年、商工会議所の設立から140年の節目の年に当たります。戦後の日本を新しい時代に導いた「平成」も終わろうとしています。
 そんな節目の時期に全国的にも注目されている今治市において、今治YEGとして何が出来るか?会員企業として何が出来るか?会員メンバー個々人で何をしていくべきか?
 その答えは己に有り、『若き企業家集団』とある商工会議所青年部のコンセプトは、「若さ」「情熱」「広い視野」とあり、今こそその熱い情熱を持って仲間と語り合い、経営者としての腕を磨き、日本、そして世界に通じる国際企業人としての活躍が、地域社会への貢献に繋がるものと信じています。

今治YEGとしてのあるべき姿

 先輩方々のご尽力により、今では四国一の250人もの会員数を誇る単会となり、市内の他団体と比べても圧倒的に大きい経済団体へと成長してきました。この拡大は全国YEGギネスにも登録されるほどの功績であり、歴代会長、役員、会員の皆様に改めて深く敬意を表します。
 まずは、このスケールメリットを生かせる会員数の維持に注力します。そして、「サイクリングの聖地」として着実に知名度を上げているサイクリング事業に対し、更なる提言活動を行います

会員企業のあるべき姿

 入会しただけで商売に繋がるものではありません。YEG活動は仕事の訓練と言われる通り、会員間でのコミュニケーションを取り、その延長から仕事のやり取りが始まり、信頼を積上げ、更なる自企業の発展に繋がります。そのサイクルを理解し、構築していきましょう。
 そして強い人脈を育て、企業での問題を相談できる場としても活用しましょう。

会員自身のあるべき姿

 ネット社会と言われながらも、今の成功者達も“ゼロベース”からの人脈構築を実行されている方は非常に少数です。大半はコミュニティ内の「つて」を手繰って、実際に顔を合わせてコミュニケーションを構築しています。今治YEGという地域コミュニティの中で、総会、例会、講演会、地域行事などさまざまな事業に積極的に参加頂き、個々人のスキルアップ、経験値のアップ、コミュニケーション能力のアップなど個人のレベルアップに意識を向けましょう。
 また経営者という同じ目線で語り合える、生涯通しての大事な仲間を沢山作りましょう。